提携ローンで妥協する人が多い

注文住宅をはじめ、マイホームを購入しようとすると、ハウスメーカーや不動産会社などが自分の会社と提携している住宅ローンを組むことを提案してきます。提携ローンはその物件を購入する際に組むローンなので、物件に関しての審査は必要ないですし、その銀行が出している通常商品よりも金利が優遇されていることもあって一見するととてもお特に感じます。そのため住宅を購入した会社の提携ローンで妥協する人が多いです。しかしこれは住宅ローンの選び方としては正しくありません。提携ローンは確かに金利面では優遇されてはいますが、さまざまな銀行を比較してみると、優遇されている金利よりもさらに低い住宅ローン商品を出している銀行が見つかったりするものです。1パーセント以下の違いであっても住宅ローンは借入する金額が大きいのでトータルでは数百万円単位の差になることもあります。

固定金利にするか変動金利にするか

そして変動金利にするか固定金利にするかも住宅ローン選びではとても重要です。金利が低いほうが良いという人であれば、変動金利のほうが固定金利よりも低く設定されているので変動金利が良いでしょう。ただし変動金利の場合、経済状況によって金利が変動する可能性があることを忘れてはいけません。金利が下がれば返済額が少なくなりますが、金利が上昇すればその分返済額が増え、家計にとって大きな負担になる恐れがあります。いっぽう固定金利は金利面で見ると変動金利より高いですが、返済が終わるまでずっとそのままなので返済計画を立てやすいです。

将来のことを考えて、夫婦の寝室や子供部屋を作れるのも大阪の注文住宅会社に依頼した場合のメリットです。

ポーカーカード