想像と現実は違った…?そんなことのないように

注文住宅を建てる場合、間取りだけでなくコンセントや電気のスイッチの位置も自分で決めて設置してもらうことができます。まずは間取りを考え、そこに住むことを想定してどこに電気のスイッチが欲しいか、コンセントが欲しいかを設計担当者に伝えて組み込んでもらいます。実際に建った家を見ることはもちろんできないので、図面上での我が家をもとに頭の中で新しい家での生活を思い浮かべて決めていきます。

入れる予定の家具の位置や高さも考慮して自分なら絶対にここに欲しい、ここにあると便利だと思う個所を念入り検討して決めれば思い通りの場所にスイッチやコンセントを付けられるのは注文住宅ならではです。さらに、念は念を入れてよりに完璧にする方法があります。

コンセント、スイッチをより完璧な位置に設置するには

それではコンセントやスイッチの位置はどう決めたらよいのでしょうか。大切なのは自分の意見だけで決めないことです。まずは設計の担当者に基本的なところは決めてもらい、友人など先に家を建てたことのある人の意見や家の建築を予定している人向けの雑誌の情報を参考にして他にどうしても欲しい箇所があればその希望を伝えて追加してもらうことができます。また、ネットで失敗談などを検索してそれと同じような失敗をしない様に注意して位置を考えれば自分では気づかなかった失敗を避けることができます。

多くの人が一生に一度しか経験をすることのない注文住宅の建築。後で後悔のないように色々な情報をもとに理想の家を目指して工夫しましょう。

関東近郊で一戸建て住宅を建てるなら、埼玉の注文住宅に注目です。都内にも通いやすく地価が高すぎない埼玉エリアに、理想の家を建てましょう。

カジノおすすめ