自分が飼っているペットも飼えるか

法律上はペットは物とされていますが、飼い主にとっては家族同然で簡単に離れたりはできません。ただ引越しが必要な時にペット不可物件もあるため、物件選びを間違えるとペットと離れないといけなくなる時もあります。ペットを飼っている人が賃貸物件を選ぶのであれば必ずペット可の物件から探す必要があるでしょう。ペットに関する条件としてはペット可とペット不可の他に要相談などがあり、ペット可となっていてもいざ入居するときに飼えないなどの問題が出るときもあります。ペット不可以外なら大丈夫と考えず、入居前に自分が飼おうとしているペットは飼えるのかどうか確認するようにしましょう。犬だと大きさや犬種、吠えるかどうかで飼えないときもあるので注意が必要です。

ペット可物件における原状回復費

賃貸物件で必要な初期費用として敷金があり、目的として原状回復費に充てるためが多いようです。借主の不注意で物件の価値を下げたときには借主が原状回復費を負担する必要があり、それを事前に受けてリスクに備えるのでしょう。借主が負担する原状回復費は経年劣化などは対象外とされ、不注意以外でついた汚れなどは借主は負担しなくて良いとされています。ではペット可物件でペットがつけた傷や汚れはどうなるかですが、借主の不注意がないとしても一定の原状回復費を借主が負担しなければいけないでしょう。きれいに使ってもにおいが残るときがあり消臭の費用が必要になるときもあります。ペット可物件で原状回復費が気になるなら、どの範囲までを借主負担としているか契約書で確認しておきましょう。

お手頃な相場で借りられると評判になっているのが、旭川の賃貸マンションです。セキュリティも万全で、安心して暮らせます。

入金不要ボーナス